にいさん いせひでこ
0

    「にいさん」 いせひでこ 偕成社

     

    ゴッホの弟テオが、兄ゴッホの人生を語っている絵本。

    哀しいし、重い。

    ゴッホの足跡をたどり続けている著者の想いが伝わってくる文章とゴッホの生きづらさが絵に滲み出とている。

     

    すごい本だと感動があった。

     

    画風が他の絵本とは違っている。透明感あり淡くて優しさ溢れる他絵本とは違い、本作品は、重厚だ。

    色あいも美しい色使いの中に重々しくと哀しみしっかりと表れているように感じる。そしてそんな中でも、故郷の空・麦畑には特別な清浄と広々感があるのも、胸が熱くなった。

     

    いせひでこさんによるあとがきより抜粋

    この絵本は私の中のゴッホとテオのものがたりだ。

    1990年以来ずっと、オランダ、ベルギー、フランスと、ゴッホの足跡をたどる旅をつづけてきた。光と影を追いながら、どれほど生と死について考えさせられてきたことだろう。エッセイ『ふたりのゴッホ』、絵本『絵描き』、妹と共訳した伝記『テオ もうひとりのゴッホ』をへて、どうしても描きたかった兄と弟のものがたり。兄の死後、テオがオランダの母に宛てた手紙の中のことば「Ce Frere etait tout pour moi!-にいさんは、ぼくのすべて、べくだけのにいさんだったのです!」が、この絵本を制作するあいだ心をはなれることがなかった。

    posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 22:12 | - | - | - |
    絵描き いせひでこ
    0

      「絵描き」 いせひでこ 理論社

       

      詩のような文章に心惹かれた。

      "絵を描きたい"という情熱が伝わってくる。

       

      表紙の絵は、"どこかでみたことがあるような・・・"と考えていたのだけれど、

      そっかー!あれだ!ゴッホの「アルルの部屋」!

      この物語は、ゴッホのことを書いているのかなー?かどうかは、勉強不足で判断できないのだけれど、

      いせひでこさん自身の"描きたい!"という想いも込めて重ねているのだろうなーと思えた。

       

      素敵な本!

       

      〜作品中ひかれた文章を引用〜

      "やがて、夕焼けが、さっきの 行列を まったく べつのものにした。遮光のなかで 太陽の花が、まるでひるの 満点の星だ。時とひかりが風景の表情をこんなにもかえるんだ。描きたい、とおもった"

       

      posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 19:32 | - | - | - |
      わたしの木、こころの木 いせひでこ絵・文
      0

        「わたしの木、こころの木」 いせひでこ・絵文 平凡社

         

        いせひでこさんが心を寄せてきた木の12の語り。

        幼い頃の思い出の木、震災で出会った木も、家の中の木・・・など。

        月刊誌の連載1年間をまとめたものだそうだ。

         

        絵が放つ柔らかな光に魅了されるのはもちろん、文章もとても素敵。

         

        ****

        特によいなぁと惹かれた部分〜抜粋

        そこには、前の日になかったものが

        まっていたりしてー

         

        生まれたての夏

        木もれ日のあかちゃん

        水玉もようの雨の影

         

        板一面のしましまもようは

        この木がすごしてきた歳の数。

        線と線のあいだにあるのはケヤキの一年。

        どれひとつ同じではない 春夏秋冬。

         

        気圧配置図のように 明快に

        島を浮かべた海図のように 物語に満ちて、

        人はこんふうにはっきりと

        自分の一生を示すことができるだろうか。

         

        posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 17:45 | - | - | - |
        1000の風1000のチェロ いせひでこ
        0

          「1000の風1000のチェロ」 いせひでこ 偕成社

           

          この作品では、えんぴつデッサンに淡い色がつけられているが、

          この描き方は人の哀しみ悼みや想い、やさしさが、より一層表現されている気がする。

          絵の中で風の動きが感じられるのもすごい。

           

          1000の風、それぞれが奏でるチェロには、それぞれの経験・ものがたりがある。

          それらが重なり奏でる演奏を聴いてみたい。

           

          本当に素敵な絵本だと思う。

           

          いせひでこさんのあとがきより

          人間の形をした楽器 人間の声で歌う楽器-チェロ

          チェロを弾く人の姿は、私には

          人が自分の影を抱きしめているようにみえてならない

           

          この作品の中にもグレイがいた。涙が出た。

          posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 12:43 | - | - | - |
          幼い子は微笑む 長田弘 いせひでこ
          0

            「幼い子は微笑む」詩・長田弘 絵・いせひでこ 講談社

             

            見事なコラボレーションに感動するばかり。

            謙虚さの中に強さを含んだ言葉。

            淡くて優しい中にもメッセージを発している絵。

            大人が読むべき絵本

            posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 22:50 | - | - | - |
            最初の質問 長田弘・いせひでこ
            0

              「最初の質問」詩・長田弘 絵・いせひでこ 講談社

               

              長田弘さんの詩は言霊。

              本当に大切なことをやわらかくて優しくて美しい言葉で響かせる崇高さに、ありがたい気持ちで思わず本を抱きしめてしまう。

              いせひでこさんの絵にはこもれびを浴びているような、おおらかなやわらかなぬくもりがあって、言葉とマッチして、心から癒される。

               

              posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 15:53 | - | - | - |
              PROCESSUS いせひでこ作品集
              0

                「PROCESSUS」 いせひでこ作品集 玄光社MOOK

                 

                静けさに誘われる、素晴らしい1冊。

                 

                 

                posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 09:34 | - | - | - |
                飼い主、犬の手足になる! 要介護犬プキとの2300日 犬山ハリコ
                0

                  「飼い主、犬の手足になる!」〜要介護犬プキとの2300日〜 犬山ハリコ・亜紀書房

                   

                  漫画家である著者の、漫画でつづった老犬介護体験記録。

                  家族全員協力しての24時間体制での介護が必要となってくるのは、本当に大変だろう。

                  その時々の正直な気持ちや切なさや、そして何よりプキちゃんへの愛情の深さ大きさに、泣けた。

                   

                  18歳まで生きられたプキちゃん、本当に幸せな犬生だったね。

                   

                  老犬介護の工夫も紹介されていて、役立つとても良い本だと思う!

                  posted by: chizuru | | 09:15 | - | - | - |
                  旅する絵描き パリからの手紙 伊勢英子
                  0

                    「旅する絵描き パリからの手紙」伊勢英子 平凡社

                     

                    いせさんの絵本作品の背景となるパリでの時間が、スケッチと文章でつづられている。

                    謙虚で秘めた想いがさりげなくそっと語られている文章は味わい深く、静謐。

                    静けさとやさしさが、とても心地がいい。

                     

                    「ルリユールおじさん」「チェロの木」「大きな木のような人」を読んだ後にこの書を手にとったので、全てが響いた素敵な一冊。

                    いせさんの本は、他作品も全て読みたいと思う。

                     

                    posted by: chizuru | エッセイ | 14:03 | - | - | - |
                    雲のてんらん会 いせひでこ
                    0

                      「雲のてんらん会」 いせひでこ 講談社

                       

                      なんともいえない透明感、繊細で美しい色づかい。

                      おおらかで温かさに満ちている。

                      哀しい時、寂しい時、静かに想いを馳せたい時に、空は寄り添ってくれているんだな〜と思わせてもらえるような、

                      優しい絵本。

                       

                      著者のいせひでこさんが、空を見上げている姿が浮かびます。

                      ひつじ雲の中には、愛したグレイがいたのが、、、じーん。

                      新装版では、その絵が表紙に。

                       

                      素敵。

                       

                      posted by: chizuru | 大人も素敵な絵本を | 11:31 | - | - | - |